My virtual Japanese notebook subject to my whimsy.

2013年9月18日

面白い表現:五月雨式 


五月雨式(さみだれしき)
意味:断続的に物事が行われること。一度で終わらず、とぎれながらも何度か続けて行うこと。また、そういうやり方。
他の例:「五月雨式に納品する」

言葉の歴史
五月雨(さみだれ)の降る頃の夜の闇のことを「五月闇(さつきやみ)」という。ちなみに、「五月雨」の語が転じて、梅雨時の雨のように、物事が長くだらだらと続くことを「五月雨式」と言うようになった。また梅雨の晴れ間のことを「五月晴れ(さつきばれ)」というが、この言葉は最近では「ごがつばれ」とも読んで新暦5月初旬(しょじゅん)のよく晴れた天候を指すことの方が多い。

-->
納得(なっとく)
納品(のうひん)

0 件のコメント:

コメントを投稿