My virtual Japanese notebook subject to my whimsy.

2013年9月24日

俺フィー単語リスト:12巻


便乗(びんじょう):take advantage of a ride or opportunity
効き目(ききめ):efficacy, effect
効く(きく):to be effective
休養(きゅうよう):rest, break
陽気(ようき):cheerful
松葉杖(まつばづえ):crutches
香車(きょうしゃ):spear, lance
堂々(どうどう):impressive, grand
わずか3分:only 3 min
波状攻撃(はじょうこうげき):attacking in waves
役割(やくわり):part, role
庇う(かばう):to protect someone
稼ぐ(かせぐ):to labor
即座に(ぞくさに):immediately
とっとと:quickly, hurriedly
軸(じく):pivot
根性(こんじょう):willpower, guts, nature
抑える(おさえる):to restrain, to suppress
要(かなめ):vital point
怪しい(あやしい):suspicious
密集(みっしゅう):crowd
地帯(ちたい):area
負担(ふたん):burden
陣(じん):battle position
焦る(あせる):to be impatient
鈍る(にぶる):to become less capable
加勢(かせい):assistance
故障(こしょう):damage, hurt
並(なみ):average, common
正気(しょうき):sanity
執拗(しつよう):persistent
守備(しゅび):defense
膠着状態(こうちゃくじょうたい):stalemate
根底(こんてい):foundation
徹底的(てっていてき):through, complete
均衡(きんこう):balance
~を操る(~をあやつる):to handle (ie. operations)
降板(こうばん):being taken out (ie. pushed into a wall)

今日の漢字:焦 



JLPT: 1級
Kanji Kentei: 3級

焦る(あせる):早くしなければならないと思っていらだつ。落ち着きを失う。
焦らす(じらす):相手に期待をもたせながらそのことをしないで、いらいらした気持ちにさせる。
焦心(しょうしん):心をいらだたせること。思い悩みあせること。また、その気持ち。
焦がす(こがす):火に当てて焼いたり熱を加えたりして物の表面を黒くする。

 (漫画:俺たちのフィールド)

面白い漢字:濤 

JLPT: not on test
Kanji Kentei: 1級

濤:大きくうねる波。
怒濤(どとう): 荒れ狂う(くるう)大波。また、はげしい勢いで押し寄せるようすのたとえ。

--> 「涛」は異体字。


JLPT: not on test
Kanji Kentei: 準1級

(漫画:俺たちのフィールド)

俺フィー単語リスト:11巻


照準(しょうじゅん):sight, aim, alignment
執念(しゅうねん):tenacity
傍若無人(ぼうじゃくぶじん):overbearing
跳ねる(はねる):to hit, to bounce
--> 跳ね返る(はねかえる):to rebound
--> 跳躍(ちょうやく):jump, leap
衝突(しょうとつ):collision
情けない(なさけない):pitiable, deplorable
一丸(いちがん):lump (into) one, as one
最後尾(さいこうび):end of a line
名誉(めいよ):honor, prestige
負い目(おいめ):feeling of indebtedness, feeling obliged
凹み(へこみ):dent
抗議(こうぎ):protest, objection
縦(たて):in a line
中断(ちゅうだん):interruption
幾度(いくど):how many times
焦る(あせる):to be impatient
際どい(きわどい):very close
先制(せんせい):head-start, preempt
眼中(がんちゅう):consideration
有利(ゆうり):advantageous <--> 不利(ふり):disadvantageous
誓い(ちかい):oath, vow
極上(ごくじょう):finest quality
逸材(いつざい):outstanding talent
圧倒(あっとう):overwhelming
規約(きやく):code, rules
鍛える(きたえる):to train, to drill
負担(ふたん):burden, responsibility
逃避(とうひ):escape, evasion, flight

2013年9月23日

俺フィー単語リスト:10巻


惨敗(ざんばい):sad failure
挽回(ばんかい):recovery
屈辱(くつじょく):disgrace, humiliation
プロ契約(けいやく):pro contract
資格(しかく):qualifications
賭ける(かける):to gamble
旗(はた):flag
--> 国旗(こっき):national flag
没収(ぼっしゅう):confiscation
全員一致(いっち):as a whole in agreement
見所(みどころ):promise (for the future) (ie. that girl has promise)
看板(かんばん):attraction, feature
ニセモノ:fake, sham
実質的(じっしつてき):substantial
解散(かいさん):breakup, dissolution
怒り(いかり):anger
鼓動(こどう):palpitation
唱える(となえる):to chant, recite
補う(おぎなう):to compensate for
果たす(はたす):to achieve
華麗(かれい):splendor
殴る(なぐる):to hit/strike
健闘(けんとう):strenuous effort
所詮(しょせん):bottom of ranking
観衆(かんしゅう):spectators
孤立(こりつ):being alone
無謀(むぼう):reckless, thoughtless
叶う(かなう):to be suited
不利(ふり):disadvantage
化ける(ばける):to change rapidly
萎縮(いしゅく):withering, atrophy
驚異(きょうい):miracle, wonder
俄然(がぜん):sudden change
防ぐ(ふせぐ):to defend

今日の漢字:尾 


JLPT: 1級
Kanji Kentei: 4級

意味
1) 動物のしりから細長く突き出た部分。魚の尾びれ、鳥の尾羽をいうこともある。しっぽ。
「犬が尾を垂れる」 

2) ある物の後方から、細長く伸びたり垂れたりしたもの。
「凧(たこ)のび」「彗星(すいせい)の尾(お)」 

3) 山裾(やますそ)の、なだらかに延びた部分。
「山の尾」 

4) 物事の終わりの部分。 
「永く尾を引っ張る呼び声が聞こえた」

ご注意!:尾(お)vs ~尾(~び)

言葉
最後尾(さいこうび):行列や、長くつながっているものなどのいちばん後ろ。
尾羽(おは):鳥の尾(お)と羽。

(漫画:俺たちのフィールド)

2013年9月20日

俺たちの漢字:惨、挽、屈、辱

(俺たちのフィールド)

「ウチのJ1での惨敗忘れたのかよ!!」

JLPT: 1級
Kanji Kentei: 4級

惨め(みじめ):かわいそうで見るにしのびないさま。いたいたしいさま。
惨い(むごい):見るにたえないほど痛ましい。残酷・惨酷である。「むごい死に方」
惨殺(ざんさつ):むごたらしい方法で殺すこと。
惨敗(ざんぱい)=惨め+失敗:ひどい負け方をすること。さんぱい。

「どう挽回できるってんだよ!!」

JLPT: なし
Kanji Kentei: 準1級

挽回(ばんかい):失ったものを取り戻して、もとの状態にすること。回復。
挽肉(ひきにく):肉挽き機で細かく挽いた牛・豚などの肉。メンチ。ミンチ。

「忘れられるかよ…あの屈辱…」

JLPT: 1級
Kanji Kentei: 4級

退屈(たいくつ):することがなくて、時間をもてあますこと。また、そのさま。
理屈(りくつ):物事の筋道。道理。
屈み込む(かがみこむ):からだを前に曲げてうずくまる。

JLPT: 1級
Kanji Kentei: 3級

意味:体面を傷つけ、くじけた気持ちにさせる。はずかしめ。はじ。
辱める(はずかしめる):恥(はじ)をかかせる。
屈辱(くつじょく):屈服させられて恥ずかしい思いをさせられること。はずかしめられて、面目(めんぼく)を失うこと。
国辱(こくじょく):国のはじ。国の面目にかかわる恥辱(ちじょく)。

2013年9月18日

舟 


知る:舟、船、航、般、艦
残る・復習:搬、盤、舶、艇、舷

」と「
違い:「舟」とは小型で手漕ぎの乗り物、「船」は大型で帆やエンジンなどを使う乗り物、

小舟・小船(こぶね)
舟歌(ふなうた)
舟行(しゅうこう)

船長(せんちょう):キャプテン
船舶(せんぱく):人や荷物を載せて水上を走る交通機関。ふね。
船便(ふなびん)
漁船(ぎょせん)

」と「
意味:「艇」は、小型の船を意味する。「舶」は、大型の船のみに用いられる。さらに、「艇」は(「舟」より)機関が ついたものをさすことが多い。

競艇(きょうてい):モーターボートレース。

船舶(せんぱく)
船舶業(せんぱくぎょう)
舶載(はくさい):船に載せて運ぶこと。船に載せて外国から運んでくること。
舶来(はくらい):外国から船によって運ばれてくること。


意味:軍用の船

軍艦(ぐんかん)
潜水艦(せんすいかん)

」、「」、「」(はん)

一般的(いっぱんてき)
全般(ぜんぱん)

運搬(うんぱん):物品を運び移すこと。
運搬費(うんぱんひ)
可搬性(かはんせい):運搬できること。持ち運びが可能であること。
搬出(はんしゅつ):物を運び出すこと。持ち出すこと。

基盤(きばん):物事を成立させるための基礎(きそ)となるもの。
岩盤(がんばん):地表の下にある岩石の層。
算盤(そろばん):abacus


航行(こうこう)
航海(こうかい)
難航(なんこう)


右舷 <-> 左舷(うげん <--> さげん):船の右側・左側 

-->
」(ほ)
帆立(ほたて):scallop
帆船(はんせん):帆に受ける風の力を利用して走る船。

-->
呼称(こしょう)
舟・艇・ボート・船・船舶・艦
「舟」の字は、手でこぐような比較的小型のものに使うことが多い[1]。「舟」や「艇」は、いかだ以外の水上を移動する手漕ぎの乗り物を指し、「船」は「舟」よりも大きく手漕ぎ以外の移動力を備えたものを指す。「船舶」は船全般を指す。「艦」は軍艦の意味である。日本海軍では艦(艦の字義は装甲船の意)と書いて「フネ」と呼んだ。
つまり、民生用のフネは「船」、軍事用のフネは「艦」、小型のフネは「艇」または「舟」の字が当てられ、それらの総称として「艦船」(かんせん)、「艦艇」(かんてい)、「船艇」(せんてい)、あるいは「舟艇」(しゅうてい)などの言い方をする場合もある。(「艦」の字を入れている時は軍用のものを強く意識している)。

面白い表現:五月雨式 


五月雨式(さみだれしき)
意味:断続的に物事が行われること。一度で終わらず、とぎれながらも何度か続けて行うこと。また、そういうやり方。
他の例:「五月雨式に納品する」

言葉の歴史
五月雨(さみだれ)の降る頃の夜の闇のことを「五月闇(さつきやみ)」という。ちなみに、「五月雨」の語が転じて、梅雨時の雨のように、物事が長くだらだらと続くことを「五月雨式」と言うようになった。また梅雨の晴れ間のことを「五月晴れ(さつきばれ)」というが、この言葉は最近では「ごがつばれ」とも読んで新暦5月初旬(しょじゅん)のよく晴れた天候を指すことの方が多い。

-->
納得(なっとく)
納品(のうひん)

2013年9月14日

記事勉強:16日朝、東海関東上陸か=大型台風

16日朝、東海関東上陸か=大型台風、厳重警戒を―15日から太平洋側大雨・気象庁



上陸(じょうりく):船や海から陸に上がること。
厳重(げんじゅう):厳しい態度で物事に対処するさま。
警戒(けいかい):危険や災害に備えて、あらかじめ注意し、用心すること。
太平洋(たいへいよう):Pacific Ocean
気象上(きしょうじょう):(Japanese) Meteorological Agency (JMA)

市町村(しちょうそん):市と町と村。
避難(ひなん):災難を避けること。災害を避けて、安全な場所へ立ちのくこと。
勧告(かんこく):ある行動をとるように説きすすめること。
暴風域(ぼうふういき):台風などにより、暴風が吹いている区域。
土砂災害(どしゃさいがい)
控える(ひかえる):用事や順番に備えて、すぐ近くの場所にいて待つ。待機する。
雨量(うりょう)
温帯低気圧(おんたいていきあつ):extratropical cyclone, 温帯や寒帯で発生する低気圧。

近畿(きんき):Kinki region (region around Osaka, Kyoto, Nara)

(Mixi.org)

今日の漢字:殿、骸 



JLPT: なし
Kanji Kentei: 2級

骸(むくろ):1)骨組みだけ残った体。2)死人の体。

残骸(ざんがい):
1)戦場や災害地などにそのまま残された死体。
漫画--> 2)原形をとどめないほどに破壊された状態で残っているもの。「事故車の残骸」
骸骨(がいこつ):死体の皮や肉が腐り落ちて、骨だけになったもの。

骸(から):
1) 動物のからだや植物の実・種子をおおう堅いもの。「卵の骸」
2) 動物や昆虫が脱皮したあとの外皮。ぬけがら。「セミの骸」

亡骸(なきがら):死んで魂の抜けてしまったからだ。死体。しかばね(屍)。遺体。

殿

JLPT: 2級
Kanji Kentei: 4級

神殿(しんでん・かんどの):神社の中心で、神体・神像など崇拝(そうはい)の対象を安置(あんち)する殿社。
宮殿(きゅうでん):天皇・国王などの住む御殿(ごてん)。

殿(との):貴人(きじん)の住む大きな邸宅。
若殿(わかとの):貴人の跡取り息子の敬称(けいしょう)。

2013年9月12日

今日の漢字:捜, 索 

[県警はこの日、70人態勢で捜索していた。]
(Mixi.org)


JLPT: 2級
Kanji Kentei: 準2級

意味:すみずみまでさがし求める。
捜す(さがす):見つけ出そうとして方々を見たり、歩きまわったり、人に聞いたりする。尋ね求める。
捜索(そうさく):行方不明の人や物をさがし求めること。
家宅捜索(かたくそうさ):検察官・警察官などが、職権に基づいて、刑事事件の犯人や証拠物件をその住居に入って捜し求めること。

ご注意!:見えなくなったものをさがす場合には「」、欲しいものをさがす場合には「」を用いる。


JLPT: 1級
Kanji Kentei: 準2級

意味:1)太い縄(なわ)。2)手づるによって探し求める。
模索(もさく):手さぐりで探し求めること。
暗中模索(あんちゅうもさく):暗闇の中で、手さぐりしてあれこれ探し求めること。
検索エンジン(けんさくエンジン):サーチエンジン

記事勉強:<豪雨>不明の女子生徒 

<豪雨>不明の女子生徒、遺体で発見…岐阜



豪雨(ごうう):激しい勢い(いきおい)で大量に降る雨。
遺体(いたい)
岐阜(ぎふ):Gifu

岸(きし):river bank
左岸(さがん)<--> 右岸(うがん)
局地的(きょくちてき):物事がある地域に限られているさま。

県警関署(げんけいせきしょ)=警察(せきけいさつしょ):岐阜県警察の警察署。
うつぶせる(俯せる):lying face down

態勢(たいせい)
捜索(そうさく):行方不明の人や物をさがし求めること。

教頭(きょうとう):学校・中学校・高等学校で、校長を補佐(ほさ)し、校務を整理する職制。
詰まる(つまる):うまい対応のしようがなくて苦しむ。窮(きゅう)する。

名前:
茶屋新田(ちゃやしんでん):Chayashinden
長良川(ながらがわ):Nagaragawa
関市(しきし):Sekishi
長良大橋(ながらおおはし):Nagara Bridge
関市倉知(せきしくらち):Sekishikurachi



面白い漢字:屍、剣 

 

JLPT: なし
Kanji Kentei: 準1級

読み方:しかばね
意味:死体。また、死体の骨。
屍--> 死 
例:検死・検屍(けんし)変死者などの死体を医師が調べること。



JLPT: 1級
Kanji Kentei: 4級

読み方:つるぎ
意味:両刃(もろは)の刀。また、広く両刃・片刃の区別なく大刀(だいとう)をいう。
懐剣(かいけん)dagger

 注意!:「剣」と「刺す」

新しい文法:~まい


「どうせ、クンツァイトも長くは持つまい。」

「身体がもたず滅びて(ほろびて)しまったのではしかたあるまい。」


Yahoo 知恵袋
・打消しの推量を表す場合

「~ないだろう」という意味になります。
したがって、質問文中の例として挙げられている『まい』の用法はこの意味です(もちろん、正しい日本語です)

・打消しの意思を表わす場合
「~ないつもりだ」という意味になります。
例えば、「どれだけ生活が苦しくても、犯罪には手を出すまい」という場合の『まい』がこの使い方にあたります。

・禁止の意味を表す場合
「~してはいけない」という意味です。が、この用法は古い日本語で使われていたものであり、現代ではまず使うことはありません。
「決して見るまいぞ」といった文章の『まい』はこの意味です。

・勧誘や依頼の意味を表す場合
「~まいか」のという形になっていた場合、「~(してくれ)ないか」という意味になります。ただし、かなり固い表現ですから、現代で使われることはあまりありません。
「今夜はここに泊めてくれまいか」といった文章の『まい』がこれにあたります。

・否定するのが当然(または適当)である意味を表す場合
「~すべきでない」/「~するはずがない」という意味になります。
現代では「あろうことかあるまいことか」などの定型句になっていることが普通です。
「あろうことかあるまいことか、彼に嘘を言ってしまった」で、「彼に嘘を言うべきでなかった」という意味になります。

Not A, Probably not A
Verb: StemA+まい
Verb: Dictionary FormA+まい
Example:
のぼるまい (probably won't climb)
NounA+++ある+まい
Example:
あるまい (not a child)
な-adjectiveA+++ある+まい
Example:
きけんであるまい (probably not dangerous)
い-adjectiveA- い
REMOVE
+++ある+まい
Example:
あるまい (not scared)


-->
 (destroy, ruin)
滅びる(ほろびる):なくなる。絶える。
絶滅(ぜつめつ):残らず絶やすこと。なくすること。
滅亡(めつぼう):ほろびること。絶えてなくなってしまうこと。

「国が滅びる」「国が滅亡する」

2013年9月10日

記事勉強:<20年東京五輪>歓迎の一方、疑問の声も…震災被災地 

<20年東京五輪>歓迎の一方、疑問の声も…震災被災地



震災(しんさい):地震による災害。
被災地(ひさいち):災害にあった場所。

復興(ふっこう):revival, reconstruction
掲げる(かかげる):新聞・雑誌などの、目立つ場所に載せる。
役立つ(やくだつ)

原発事故(げんぱつじこ):accident at a nuclear power plant 
子力電所の事故(げんしりょくはつでんしょ)
双葉町(ふたばまち):Futabamachi
避難(ひなん):災難を避けること。災害を避けて、安全な場所へ立ちのくこと。
仮設住宅(かせつじゅうたく):temporary housing
盛り上がる(もりあがる)
東北(とうほく)
及ぶ(およぶ):物事が続いたり広がったりして、ある所・範囲に届く。
放射性物質(ほうしゃせいぶっしつ):radioactive material
水揚げ(みずあげ):船の荷物を陸(りく)に移すこと。
漁業(ぎょぎょう)
汚染水(おせんすい):汚れ水。
道半ば(みちなかば)

富岡町(とみおかまち):Tomiokamachi
三春町(みはるまち):Miharumachi
派遣社員(はけんしゃいん):temporary worker
浪江町(なみえまち):Namiemachi
訴える(うったえる):to bring to one's attention

(Mixi.org)

2013年9月9日

記事勉強:“視力1.0と0.01”世界の違い

“視力1.0と0.01”世界の違い、「こんな風とは…」と驚きの声も。



題する(だいする):題をつける。表題・題名とする。「『自画像』と題した絵」
縦(たて):(経)上下・前後の方向。また、その長さ。
区切る(くぎる):言葉や文章などに、意味・内容や音節(おんせつ)などのまとまりで切れ目をつける。

ぼやぼや:注意が散漫でぼんやりしているさま。
~差(~さ):物事と物事の間の性質・状態・程度などの違い。「大きな差をつける」「大した差はない」「世代間の差を感じる」
ちょこちょこ:物事を簡単に手早くするさま。

拡散(かくさん):広がり、散らばること。
転載(てんさい):文章などを写し取る。

漠然(ばくぜん):ぼんやりとして、はっきりしないさま。広くてはてしのないさま。
衝撃的(しょうげきてき):心を強く動かされるさま。

-->

JLPT: 1級
Kanji Kentei: 準2級

意味:大きな音を出して四方(よも)に飛び散るっていう感じ。
砂漠(さばく)、漠然(ばくぜん)、空爆(くうばく)

(Mixi.org)

2013年9月8日

記事勉強:<20年五輪>東京開催が決定 

<20年五輪>東京開催が決定 56年ぶり2回目



開催(かいさい):集会や催し物(もようしもの)を開き行うこと。
国際オリンピック委員会(いいんかい)
夏季(かき):夏の季節。
札幌(さっぽろ):Sapporo
冬季(とうき):冬の季節。

立候補(りっこうほ):announcing candidacy
投票(とうひょう):voting, poll
最下位(さいかい):最も下であること。
脱落(だつらく):抜け落ちること。必要な記述(きじゅつ)などが抜け落ちること。

競技場(きょうぎじょう)
競技施設(きょうぎしせつ):ある目的のために建物などをもうけること。
配置(はいち):人や物をそれぞれの位置・持ち場に割り当てて置くこと。また、その位置・持ち場。
武道館(ぶどうかん):martial arts stadium

招致(しょうち):招き寄せること。招いて(まねく)来てもらうこと。

挑戦(ちょうせん):困難な物事や新しい記録などに立ち向かうこと。
各界(かくかい):職業や専門分野によって分けた、それぞれの世界。
希薄(きはく):事に向かう気持ち・意欲などの弱いこと。

訴える(うったえる):to bring to one's attention

Time spanA+ぶり++ActionB
Example:
五年ぶり (it's been 5 years since...)


(Mixi.org)

2013年9月7日

 知る:監、艦、檻
残る・復習:濫  、鑑、藍

JLPT: 1級

1)水があふれ出る。2)みだりに。(unnecessarily, without authority) 3)浮かべる。

濫用(らんよう):むやみに使うこと。「カタカナ語を濫用する」to use excessively/randomly
濫作(らんさく):質を考えずにむやみに多く作ること。「内容のない小説を濫作する」
みだりに(濫りに)


1 人の姿や物の形を映し見る道具。

鑑(かがみ)model, pattern
鑑賞(かんしょう)appreciation of art
印鑑(いんかん)stamp, seal


藍色(あいいろ)・青藍(せいらん):indigo blue
伽藍(がらん):monastery

言葉
監督(かんとく)、監察(かんさつ)
軍艦(ぐんかん)、潜水艦(せんすいかん)
檻(おり)

今日の漢字:継、氾、濫

継承者

JLPT: 1級
Kanji Kentei: 4級

継承者(けいしょうしゃ):受け継ぐ人
英語:successor
受け継ぐ(うけつぐ):前の人が残した仕事などを引き受けて行う。また、ある人の性質や意志などを引き継ぐ。
「母親の気性を受け継ぐ」「後任に事務を引き継ぐ」

継子(ままこ/けいし):stepchild, 継母(ままはは):stepmother, 継続(けいぞく)continuation

氾濫

氾濫(はんらん)
1) 川の水などが増して勢いよくあふれ出ること。洪水(こうずい)になること。
漫画 --> 2 )事物があたりいっぱいに出回ること。あまり好ましくない状態にいう。
「情報の氾濫」「悪書が氾濫する」

1)水があふれ出る。2)みだりに。(unnecessarily, without authority) 3)浮かべる。
JLPT: 1級, Kanji Kentei: 3級
ご注意!:「濫」と「檻」(おり)。

」と「

濫用(らんよう):むやみに使うこと。「カタカナ語を濫用する」to use excessively/randomly
濫作(らんさく):質を考えずにむやみに多く作ること。「内容のない小説を濫作する」
みだりに(濫りに)

:水があふれ広がる。
漢字を使う言葉:氾濫
JLPT: なし, Kanji Kentei: 2級

(漫画:美少女戦士セーラームーン)

2013年9月3日

セーラームーンからの漢字:築、胡

「われわれダーク・キングダムを地上に築くのだ。」


JLPT: N2
Kanji Kentei: 6級

意味:積み上げてつくる。
新しい読み方:築く(きずく)
知っている漢字を使う言葉:建築(けんちく)、新築


「”幻の銀水晶”研究科?胡散臭いわね。それにしても、うさぎちゃんたらテレビばっか見て」


JLPT: N1
Kanji Kentei: 準1級

これしか覚えなくていい:胡麻(ごま)sesame seeds, 胡散臭い(うさんくさい)

-->

JLPT: N1
Kanji Kentei: 準2級

麻(あさ)cannabis
麻雀(まあじゃん)mahjong, 麻雀牌(まあじゃんぱい)mahjong tiles
麻酔(ますい)anesthesia, 麻痺(まひ)paralysis
麻疹(はしか)measles