My virtual Japanese notebook subject to my whimsy.

2013年6月3日

溶ける・融ける・解ける

Yahoo.jp
融ける
 固体が、熱や薬品などによって、液状になる。「氷が―・ける」「暑さでアスファルトが―・ける」

溶ける
 ある物質が液体の中に平均にまじって、液体と一体になる。「砂糖が水に―・ける」「油は水に―・けない」


解ける
 結んであったものが、自然とはなれたりゆるんだりする。ほどける。「帯が―・ける」「靴ひもが―・ける」
 束縛から解放されて自由になる。命令や規制などが解除される。「停職が―・ける」「謹慎が―・ける」
心のわだかまり、不快に思う気持ちなどが消えてなくなる。「怒りが―・ける」「緊張が―・ける」

Yahoo知恵袋
まず、「解ける」は、問題が解ける、紐が解ける、など、「答えが出る」「ほどける」などの意味を持ち、液体や固体とは関係のない漢字なので、これは除外します。
つぎに、「溶ける」は、「食塩が水に溶ける」など、「液体にほかの物質が混ざって一つの液体になる」というような意味があります。
対して、「融ける」には、「固体・固形物が液状になる」という意味がありますから、「氷がとける」の「とける」は「融ける」と書くのが正解です。

----
つまり:
「氷が融ける」「暑さでアスファルトが融ける」
「砂糖が水に溶ける」「油は水に溶ける」
「帯が解ける」「靴紐が解ける」
「停職が解ける」(released from suspension) 「謹慎(きんしん)が解ける」(released from house arrest)
「怒りが解ける」「緊張が解ける」

ご注意して言葉:
解け(ゆきどけ)melting of snow

0 件のコメント:

コメントを投稿